【全力教室】近藤麻理恵は施設で育った?年齢が気になる・・・


近藤麻理恵(こんどう まりえ)さんと言えば

「世界一受けたい授業」に出演して

「ときめき片づけ術」で

多くの女性から注目を集めています。

2/16には「全力教室」にも出演しますね。

72599-1

 

「片づけコンサルト」といった一風変わった肩書ですが、

「人生がときめく片づけの魔法」を出版して

仲間由紀恵さんの主演でドラマ化もされています。

 

近藤麻理恵さんは「こんまり」の愛称で親しまれ、

2010年に出版した「人生がときめく片づけの魔法」が、

167万部を超える程の超ベストセラーとなりました。

 

167万部と一口で言いますが100万部を超えるって

そうめったに有ることではないですよね。

 

普段は実際に生徒の家に行って片づけ指導をしたり、

講演、執筆活動を行っていますが

お部屋の片づけができない女性たちを相手に、

まずは「片づけの理論」から授業を始め、

 

そのあとに洋服の畳み方などについて指導しています。

このように部屋の片づけができない女性たちに

丁寧で解りやすい熱血授業を展開しています。

 

近藤麻理恵さんは生徒さんに懇切丁寧に指導することで

生徒さんからの信頼を得ているんですね。

そのことにより自身も自信につながっているのではないでしょうか。

近藤麻理恵さんの心ねがこんなとこに伺えますよね。

[ad#ad-1]

近藤麻理恵は施設で育った?

近藤麻理恵さんが施設で育ったとの噂がありますが

本当のとこはどうなんでしょうか。

 

実は近藤麻理恵さんの著書で

「人生がときめく片ずけの魔法」が

ドラマ化され9月に放送されました。
そのときの主人公が施設育ちの設定だったことから

近藤麻理恵さんは施設育ちではないかの噂に

つながったのではないでしょうか。
実際は近藤麻理恵さんは両親がいる実家の元で

兄と妹と一緒に仲良く育ったそうですよ。

 

と言う事で近藤麻理恵さんが施設育ちだったとの噂は

どうやらおもしろガセのようだったようですね。

 

 

近藤麻理恵さんの著書で主人公が施設育ちの設定となると

近藤麻理恵さんが施設育ちと勘違いされても無理ないですよね。

 

年齢が気になる・・・

ところで近藤麻理恵さんの歳が気になりますが

いったい何歳なのでしょうか。

 

まずは近藤麻理恵さんのプロフィールがこちらです。

 

*近藤麻理恵(こんどう まりえ)

*生年月日・不明

*出身地・東京都

*血液型・A型

 

近藤麻理恵さんの歳は非公開ですが

2011年12月にメディアに取り上げられた際に

「27歳です」と言われていたので現在は30歳と

言う事になりますね。

 

 

注目を浴び絶好調の近藤麻理恵さんですが

一部のネット上では批判とかクレームではなく

厳しい意見があるのも確かなようです。
その厳しい意見のコメントがこちらです。
「片付けの魔法」の近藤麻理恵の方法は基本「捨てる」ことなんで、

「そりゃ片付くだろう」って感じですよね?

「基本は最初にバッサバッサ捨てさせてますよね。

最近すごく近藤麻理恵が取り上げられてますが、

方法論的には目新しい方法論は無い感じです」

 

「若くて可愛いから人気なんでしょうね。

コレで醜いおばさんなら、ここまで流行らなかったと思いませんか?」

 

 

「これって数年前から流行ってる、シンプルライフ的な感覚で、

モノを増やさない・要らないものは捨てる。という、

何一つ珍しくない方法と同じじゃんって思いました」

 

「ときめきますか?とか、捨てるときにお礼を言うとか、

結局は必要かどうかなんでしょ?って感じです」

「私はお片付けダイスキだし、

モノにあふれた生活が嫌いです。

近藤さんをみて、こんなアドバイスなら私でも出来るよー。

って思っちゃいましたよ」

 

 

勿体無くて物を捨てられない人って多いですよね。

そういう人たちに「感謝を持って捨てる」

「ときめかないのは役目が終わった」

という風に説明されると気持ちが切り替わりやすいと思います。

 

「今日金スマで初めてコンマリさんの片づけを見ました。

物が片づけられない人は、物を捨てられない人なんです。

だからコンマリさんの「ときめかないものは捨てる」という基準は

捨てられない人にはとても参考になるのでは?と思いました」

 

厳しい意見が多い中参考になったとの声も聞かれます。

 

近藤麻理恵さんは今後メディアやマスコミでも

多く取り上げられ注目されると思います。

整理、整頓、お片ずけの苦手な人たちのため是非活躍して頑張ってほしいと思います。

 






★美魔女みゆからのお願い

今日も読んで頂きありがとうございました!

記事がおもしろいと感じてもらえましたら
上のボタンからSNSでシェアをお願いします.
うれしくて、明日の更新の力になります.











コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ