クルム伊達公子が不妊に悩む!何様?観客のため息に激怒!


クルム伊達公子(クルム だて きみこ)さんは

4大大会ですべてベスト8入りした

最初の日本人女性です。

20130129_546_350

クルム伊達公子さんはアジア出身の女子テニス選手として、

史上初めてシングルスランキングトップ10入りを果たしています。

 

本来は左利きでしたが、子供の頃に日本の習慣に従って

右利きに修正されたようです。

 

そのため、テニスの試合でも相手選手がバックサイド(左側)に

打ってきたボールを左打ちする場面がしばしば見られています。

 

日常生活でも、

サインの時などには左手を用いることがよくあるそうですよ。

[ad#ad-1]

不妊に悩む!

クルム伊達公子さんは2001年に

ドイツ人のカーレーサー、ミハエル・クルムさんとの

結婚を発表されています。

当時クルム伊達公子さんは31歳でした。

 

 

しかし3年たっても妊娠しないことから、

漢方薬や鍼灸、整体に通い、

ついに不妊治療もスタートしています。

 

検査結果は「夫婦ともに異常なし」ということです。

それでも人工授精を5回、そして顕微授精もしたそうですよ。

 

結婚して13年が経ちますが

二人の間には子供はいません。

 

食事療法や高度な不妊治療を試したようですが

その効果は全く見られず、

現在のところ子供は授かっていません。

 

二人には他人様には言えない

知られざる苦悩があることだと思います。

 

 

クルム伊達公子さんの旦那ミハエル・クルムさんの

画像がこちらです。

imagesCATVV1OF

 

伊達公子さんの旦那さんとてもイケメンですよね。

 

旦那のミハエル・クルムさんは公子さんが迷っているときに、

「僕は子どもと結婚したんじゃないよ、キミコと結婚したんだよ」と

優しい言葉を告げたそうです。

 

このミハエル・クルムさんの優しい言葉には

さすがの公子さんも感動したのではないでしょうかね。

 

旦那さんはドイツ人ですが公子さんにたいして

とても思いやりのある優しい人で本当によかったですね。

 

 

何様?観客のため息に激怒!

クルム伊達公子さんが観客に対し厳しい態度見せたことを

新聞をはじめ各種メディアに報じられて話題になっているようです。

 

東レ パン・パシフィック・オープンのシングルス2回戦で、

世界ランク60位の伊達公子さんは、

同17位のサマンサ・ストーサーに敗退しました。

 

この試合中の伊達公子さんのミスに対し

観客から大きなため息がもれる場面がありました。

 

ここで伊達公子さんは観客に対して

ため息ばっかり!!」と

両手を広げて大声を上げ抗議を発信しました。

 

その後も、「シャラップ!(黙れ)」などと激怒し、

観客に対して怒りを抑えることなく

自分の気持をあらわに表現したのです。

 

こんな態度に一部メディアでは「大人気ない」と

批判的な意見もあったようです。

 

情報番組「5時に夢中!」では夕刊フジの

「『シャラップ』のクルム伊達公子は何様

という批判的な記事について取り上げています。

 

司会のふかわりょうさんがコメンテーターに意見を求めると、

株式評論家の若林史江氏は

「どういう編集の仕方をしてた放送かはわからないんですけど、

あの(観客の)ため息はひどい」と実際に試合映像を見た感想を述べ、

観客の応援のやりかたに問題があるという見解を述べています。

 

これに対しマツコ・デラックスさんは

伊達公子さんの態度について賞賛の声を上げています。

 

マツコ・デラックスさんは

「ヒール路線?昔のマッケンローみたいな、ありだと思う。

女の人でいなかったよね」と語り、

伊達公子さんの態度をかつての名選手と重ね合わせています。

 

さらにマツコ・デラックスさんは「マッケンローなんかすごかったじゃない。

観客だろうが、審判だろうが、相手がだれであれ、文句ばっかりいってた」と続け、

伊達公子さんの「ヒール」化を推奨しています。

 

マツコ・デラックスさんの

画像がこちらです。

images

マツコ・デラックスさんは

辛口のコメントで定評がありますよね。

 

伊達公子さんの態度には賛否両論があるようですが

プレーをしている本人にして見れば

一生懸命プレーをしているにもかかわらず

観客の態度が「ため息ばっかり」だとしたら、

やる気が失せてしまいますよね。

伊達公子さんの「シャラップ」の気持ちは私もよくわかります。

 

伊達公子さん二度目の引退があるのか、妊娠は、

今後の報道に目が離せません。






★美魔女みゆからのお願い

今日も読んで頂きありがとうございました!

記事がおもしろいと感じてもらえましたら
上のボタンからSNSでシェアをお願いします.
うれしくて、明日の更新の力になります.











コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ