上島システムでイヤイヤ期に対応できたよ!


今ネットで話題となっているのが「上島システム

なんでもダチョウ倶楽部のギャグを使って子供のイヤイヤに対応する方法です。

m_photo01-4a10a

 

私の娘も1歳8ヶ月くらいからイヤイヤがだんだん激しくなってきました。

イヤイヤがいつから始まるかは個人差があるのですが

だいたい1歳をこしたくらいから、3歳くらいまで続きます。

[ad#ad-1]

私の娘は現在2歳7ヶ月。

イヤイヤもある程度落ち着いてきたけど、まだ気分によって

いやいや言います。

 

「トイレに行くのイヤ!」

「お風呂に入るのイヤ!」

「服を着替えるのイヤ!!」

 

本当にこっちがイヤになるくらい、いやいや言います。

 

それで強引にさせようとすると、大泣きして

余計に収集がつかなくなることも・・・

 

そんな子供のイヤイヤに是非活用して欲しいのが

「上島システム」です。

 

ダチョウ倶楽部のギャグに

何かやりたくないことがあって、みんな嫌がっているときに

 

肥後が「俺がやる!」と言います。

次は寺門が「いいや、俺がやる!」と言います。

最後には上島が「じゃあ、俺がやる!」となって・・・

一同「どうぞどうぞ!」

m_20121009_sashihararino_19

ということで、イヤなことを結局は上島がやるはめになってしまいます。

 

この逆を応用して子供にさせたいことをさせるのが上島システム

 

まず子供にトイレに行かせたいとします。

しかし子供は「トイレに行くのはイヤ!」とだだをこねたら

無理矢理トイレに行かせるのではなく

 

お父さん「俺がトイレに行く」

 

お母さん「私がトイレに行く」

 

こう言うと子供もトイレに行きたくなって

 

娘「私が行く!」

 

とまんまと子供を操縦することができるのです。

 

一見馬鹿らしい方法に思えますが、以外に効果は高くて

ツイッターでも「私もその方法気付かないうちに使っている」

という人を結構見かけます。

 

https://twitter.com/super_milliko/status/400417107575189507

 

https://twitter.com/dohsen/status/400438624052723712

 

子供がイヤイヤで悩んでいたら是非使ってみてください。

 

この上島システムはかなり効果的な方法なのですが

唯一の欠点はお母さん一人ではできないこと・・・

 

そんな時はぬいぐるみや人形を使ってお父さんの代用にすると

いいかもしれませんよ(^v^)






★美魔女みゆからのお願い

今日も読んで頂きありがとうございました!

記事がおもしろいと感じてもらえましたら
上のボタンからSNSでシェアをお願いします.
うれしくて、明日の更新の力になります.











コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ