小雪が劣化して肌が?旦那は創価学会?性格が嫌い


小雪さんのデビューは1995年で、高校3年生の時からモデルとして
人気ファッション誌「non-no」の専属モデルとして活躍しました。

1998年のドラマ「恋はあせらず」の

ヒロインに抜擢されたことでブレイクされましたね。

img_282696_21751692_0

 

ハリウッド映画「ラスト・サムライ」に出演したことは
未だに記憶に新しいのではないでしょうか。

picture-2013-10-04-0_21_46

トムクルーズさん主演の「ラスト・サムライ」に出演。

小雪さんは国際的大女優なんですね。

[ad#ad-1]

ちなみに小雪さんのプロフィールです。

名前:小雪(こゆき)
本名:松山小雪(加藤)
愛称:コユ
生年月日:1976年12月18日
出身:神奈川県座間市
学歴:東京女子医科大学看護専門学校(中退)
身長:170 cm
スリーサイズ:83  58  85

 

小雪が劣化して肌が?

小雪さん最近劣化したのでは?と噂されています。

そんな小雪さんですが、1976年12月18日生まれで

現在36歳です、子供も二人産んでいることもあって

お肌が劣化してもそうおかしくはないですよね。

 

リーガルハイ2で なんか小雪さん老けたんじゃないか?と。

多くのファンが思ったようです。

imagesCAJ1UM6M

 

44_1_~1

 

そうですね小雪さん少し老けた感じかも?

64_1_~1

 

小雪さんお肌が大分荒れているようですね。

それでは画像を比較してみましょう。

 

image2[1]

 

噂だけでなく確かに劣化しているようですね。

でも現在36歳と言う事と二人の母親ですから・・・・!!

 

旦那は創価学会?

小雪の旦那は人気俳優の松山ケンイチさんです。

20120130_yoshitaka_15

 

その松山ケンイチさんは創価学会と言う噂が有ります。

本当はどうなのか気になるとこですよね。

 

松山ケンイチさんは青森県の出身で実家はむつ市だそうです。

お父さんは、この地区の創価学会青年部の幹部で

聖教新聞販売店をやっているそうですね。

お父さんは、ケンイチさんさんの入信をかなり期待していたそうです。

そういう訳で松山ケンイチさんへの影響は多かったと思いますね。

 

しかし、松山ケンイチさんと妻の小雪さんには決定的な証拠はありません。

親が創価学会員でも子供は違うと言う事は多々あるようなので

本当のとこはどうなんでしょうかね・・・

いずれにしても松山ケンイチさんは親孝行のようですから

お父さんの期待に応えて「松山ケンイチ創価学会入信」

と言うような報道が聞かれるかもしれませんよね。

 

性格が嫌い

大物女優に取り上げられるのが性格に付いてですが

小雪さんにも性格が悪いのではとの噂があるようです。

 

その理由の一つが韓国での出産です。

小雪さんは自分でも大の「韓国ファンです」と言っており

韓国の医院の対応に感動して出産を韓国ですることに決めたようです。

 

しかし病院の対応に納得いかず、無断で転院してしまったようですね。

訴訟にまで発展してしまったようですが

和解が成立しているようですよ。

 

国内からは「何がしたかったんだよ!」という声が上がっていた事は確かです。

生まれたばかりの赤ちゃんを飛行機に乗せることは

リスクがありますからね。

ファンの方にキツク言われても仕方ないかもしれませんよね。

 

それからこんなエピソードもあります。

25年ぶりの金環日食ということが当時話題になっており
小雪さんにインタビューがされました。

 

記者「金環日食の件ですが…」

小雪「ええ『見ました』よ!」
小雪「育児で忙しいので、空を見上げる機会は少ないんですけど。」

一見何でもない会話のようですが、

実は金環日食が見える日は5月21日だったので
小雪さんは前日に「見ました」と言った事になるんです。

これはたしかに失言ですよね。

これでまた小雪さんは猛烈な批判を受けたようです。

 

正に「やっちゃいました」と言う感じですよね。

 

このようなエピソードがあるので小雪さんのことが

嫌いな人もいるようです。

 

ハラハラして小雪さんの事を見守っている方も多いと思いますが

今後も小雪さんの活躍を期待してますから 頑張ってくださいね・・・






★美魔女みゆからのお願い

今日も読んで頂きありがとうございました!

記事がおもしろいと感じてもらえましたら
上のボタンからSNSでシェアをお願いします.
うれしくて、明日の更新の力になります.











コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ